成長株に投資する投資信託でいいものはあるのか

成長株

景気は全然よくないけど株価はバブルで含み益の皆様。
ブルベアで資産を削ってしまったつまらない者です。
その他、12月に買った個別株で、いまだ戻り切れていないものを損切しました。

成長株で資産を増やしたいものの、なかなか当たるものではありません。
せっかく頑張って時間をかけて調べても、外れてしまっては調べた時間も、投資した時間も機会損失になってしまったようで虚しくなります。

どうせ自分で調べても当たらないのならば、自分よりマシそうなプロに成長株を分析してもらって、そこに投資したらどうなるだろう? と思い、成長株に投資している投信の運用状況を調べてみました。

コロナバブルといわれている中ですので、今運用がうまくいっている成長株投信はきちんと流れをつかめているという考えです。

モーニングスターの分類では大型・中型・小型に分かれているので、それぞれの1か月3か月リターンの上位10ファンドを見て、よさそうなファンドがあるのか調べてみました。

国内大型グロース株

モーニングスターで単純に検索したところ、現在国内大型グロース株を対象とした投資信託は、2020年6月9日時点で166件あります。

1か月リターンの上位10ファンド

3か月リターン上位10ファンド

中型グロース株

何をもって中型なのかはわかりませんが、上記の大型と同時期に検索したところ、73本の投信がありました。

1か月リターン上位10ファンド

3か月リターン上位10ファンド

小型グロース株

これも同じ日に調べたところ、73件で中型と同じ数でした

1か月リターン上位10ファンド

3か月リターン上位10ファンド

個人的考察

1か月リターンで1位でも、6か月12か月とみるとマイナスの時期があるファンドがあります。

これは「リスクを取ってるから上げ下げが激しい」とも取れますが、マイナスが避けられるならそれに越したことはありません。アクティブファンドなので、避けられているならそれを評価したいと思います。

なので、1か月リターンが1位でも、ほかの時期でマイナスがあるのならマイナスがないファンドの方が運用としては上手なのではないかと思います。

大型グロース株

例えば、大型グロース株の1か月リターンで1位の日興エボリューション

残念ながら6か月リターンがマイナスです。
3か月リターンで1位の新光ジャパンオープンⅡの方を見てみますと、こちらは1~12か月ではどの期間でも利益が出ています。安定してよさそうです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-2.png

が、これはこれで1か月リターンが他のファンドよりも若干低くなってます。
もし大型グロースで投資するのであれば、2番手に表示されている生活基盤関連株式ファンドがよさそうです。

中型グロース株

同様に中型グロース株を見ていきますと
ミュータント
りそな・バリュー&グロース
東京海上ジャパン・レジリエンス・株式オープン
がよさそうです。

小型グロース株

小型グロース株はすごいです。1か月リターンで見ても、3か月リターンで見ても、
なんと1位2位3位のファンドが同じなのです。

「これは運用実績が安定していてすごいな。もう少し期間を延ばして運用を見てみたらどうなるのか」と思い、試しに小型グロース株だけ6か月・12か月リターンで並び替えてみました。
それがこちら

6か月で並び替えても1位はDIAM新興市場日本株ファンド。

12か月で見るとわずかな差でダイワ・セレクト日本ファンドに1位を譲ってしまいましたが、正直気にするほどでもないほどわずかな差であり、それ以外の期間では圧勝しています。

大型・中型・小型で比較してみると

大型グロース株の場合
1か月リターン最高 12.63%
3か月リターン最高 18.30%
中型グロース株の場合 
1か月リターン最高 16.62%
3か月リターン最高 23.79%
小型グロース株の場合
1か月リターン最高 25.22%
3か月リターン最高 40.87%

小型株の圧倒です。まぁ今がバブルだからっていうのもありますが、やはり成長しやすさでいえば時価総額が少ない小型株なのでしょうか。

結論

成長株に投資して資産を積極的にリスクを取って増やせる可能性がある投資をしたい。
けど企業分析の時間が割けない、企業分析ができない。
そんな場合には、小型グロース株の、DIAM新興市場日本株ファンドが今のところ良さそうです。

で、買ってみようと調べたら、どうやら運用がかなり好調に行ってしまったようで、現在はsbi証券では買えなくなっております。

2番目によさそうな小型グロース株の投信は、
企業価値成長小型株ファンド『愛称:眼力』ですね(1か月リターンだと他にいいものがあるが、3・6・12か月リターンで見るとそこそこなので)
運用会社も一緒です。(ただ3社くらいが合併したところなのでファンドマネージャーの血統は違うかも)

本当はDIAM新興市場日本株ファンドにしたかったのですが、それがいつ募集再開になるのかはたまたこのまま募集しないのかもわからないので、次によさそうな
One-企業価値成長小型株ファンド
に投資してみたいと思います。

しかし投資の残念なところで、過去は過去であって、未来を保証するものではないというのがあります。
今は1番よさそうでもこれからはどうなるかは誰にもわかりません。
投資は自己責任で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました